忍者ブログ

カルシウムパラドックス

カルシウムが不足するのに余る?!

カルシウムと言われて真っ先に思い浮かぶのは「骨や歯」

この骨や歯の中には、99%のカルシウムが存在しています。

では、残り1%はどこに存在しているのかご存知でしょうか?

 
残りの1%は血液や細胞の中に存在しています。

タンパク質の過剰摂取により血液が酸性に傾きやすくなると、中和させるために血液中

にあるカルシウムが不足し、副甲状腺ホルモンが骨からカルシウムを溶け出させるよう

に指示を送ります。

この現象を「カルシウムパラドックス」と呼び、この状態が続くと、骨がもろくなり

骨粗鬆症などが起きてしまいます。
 
溶け出すぎて余剰になったカルシウムが再吸収され、骨に戻ればよいのですが、高齢など

で胃腸の働きが弱くなるなど、うまく消化吸収がされず戻りきれなかったカルシウムは、

体のいたるところへ沈着し、白内障や動脈硬化、結石、アルツハイマー、ガンの要因とな

ります。

この時、マグネシウムの不足も生じていると細胞に入り込んだカルシウムは排出されにく

くなり細胞内で石灰化してしまいます。カルシウムとマグネシウムは筋肉や血管などの収

縮運動と密接な関係にあるため、アンバランスが生じると心筋梗塞などのリスクも高くな

りますので、注意が必要です。
 
ペットフードにトッピングなどで肉や魚・乳製品などを足されている場合は、食事からの

タンパク質が過剰になっていないかを見直し、バランスの良い食事内容を心がけるように

しょう。
 
また、手作りが中心の方の場合は、ペットフード中心の場合に比べ、微量栄養素の過不足

が生じやすくなります。

タンパク質量はもちろんのこと、食事内容の再確認をして頂く際に、カルシウムが足りな

さそうとカルシウムだけを補給しがちですが、マグネシウムやビタミンDなども必要にな

りますので、バランスのとれたサプリメントなどを上手に用いることをお勧めします。

 
ペット用ビタミンミネラル

アズミラ・メガペットデイリー(総合ビタミンミネラル)
http://www.pet-jp.com/azs001.html
 

アズミラ・カルシウムwithボロン3
http://www.pet-jp.com/azs011.html
 

重複しますが、体内でのカルシウム不足を生じさせないよう

バランスの良い食事を心がけることが、もっとも大切です。
 
 

自然食ペットフード&サプリメント専門店

~ A&ME ~

大阪市旭区高殿4-9-17

営業時間10:30~19:30まで

http://www.pet-jp.com/

FaceBook A&MEミニ通信より転載

PR



原材料の欄は一応見ていたが、よくわからずフードを選んでいたという飼い主さんも多く

BHAなど保存料やビートパルプ、副産物といった材料で作られていたとしても安全な量で

しょと思っている飼い主さんや「いいフード・安全な高品質フード・獣医さんも薦める・

食品基準内だから」と説明されたからという人もいらっしゃいました。        

なにを選ぶか、なにを食べさせるかは、もちろん飼い主さんの自由。         

ですが、知らずに選ぶのと知ってて選ぶのは意味が違うと思います。 フードの原材料に

ついて知り、愛犬や愛猫とって本当に安全で高品質なフードを選んであげたいものですね



自然食ペットフード&サプリメント専門店

「A&ME」

大阪市旭区高殿4-9-17

営業時間10:30~19:30まで

http://www.pet-jp.com/

上記でご案内のフード・サプリメントは、ホームページ(通販)当店の店頭にてもお求め頂けます


ブログ内の写真、文章の一部・全部は弊社著作物となりますので無断使用・転載はご遠慮ください


2017/05/22 ペットの健康と栄養素

ブログ内検索
 
 
 
カレンダー
 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
 
メールフォーム
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
リンク
 
 
 
 
最新記事
 
(07/16)
(05/22)
(11/14)
(08/04)
(01/26)
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
カウンター